使徒信条について(週報からの抜粋)NO.2

我はその独り子我らの主、イエス・キリストを信ず

 

わたしたちクリスチャンが信じているどんなことも、イエスについてどう信じているかによって、立ちもすれば倒れもするのです。

今回はそのひとり子という称号です。ひとり子の内容は御子と同じです。新約聖書が、イエス・キリストをひとり子、すなわち神の唯一の御子として証言しています。

御子は私たちのキリスト信仰の出発点であり、そのひとり子という語句は、キリスト信仰の本質にかかわるものです。もしこの言葉が真実でないとしたならば、福音は吹っ飛んでしまいます。御子とは、主イエスの神との関係を示す言葉であり、聖書が福音と呼んでいるところのものを示しています。