信仰のあかし(原文)ー信徒修養会


物心ついた頃からののしり殴り合う両親を見て育ち、母からは“とっとと死ね”、父からは“失敗作品だ”と言われて育ちました。8才くらいの頃に母から頭を湯船の中に沈められた体験が、今もトラウマになっていて、夜間のシャワーを浴びることが出来ません。怖い母親やいじめから逃れたい一心で、死にたいと考えたのは8歳の時です。中学生の頃は特に強いうつ傾向がありました。

父は明らかな発達障がいの傾向があり、家族中が父のペースに振り回されてへとへとでした。一カ所にじっとしておれない性分だったのでしょうか、東京、新潟、さらに長岡市内を転々と移動もしていました。母はたまに暴力をふるわれていたようです。交通事故を機にまったく働かなくなった父に代わり、水商売をしながら家族を養っていたのは母です。

1級身障者の父を叱咤激励して、自立させたのも母でした。生活が安定してきて贅沢も出来るようになったとたん、父はすぐに若い愛人を作って母を追い出してしまいました。当時中学生だった妹は母についていきました。わたしが大学入学の頃です。

毎晩ふすま一枚だけで仕切られた、妹の部屋となりから両親の罵声と、ばたばたと走り回る音が聞こえていました。妹はずっと泣いていたようでしたが、当時のわたしは自分の事でせいっぱいで、守ってあげられなかったのです。今でもかわいそうな事をしたと思っています。

離婚後半年たって父は愛人を家に連れてこみ、わたしに「お母さんと呼べ」と指示しました。一回り離れたきゃぴきゃぴした金髪ギャルのような女性を、お母さんとはどうしても呼べませんでした。

わたしも邪魔だったらしく、愛人と一緒に猛烈ないじめを始めた父から、逃れるように上京した後、家に帰る事はほとんどありませんでした。その父も10年ほど前に病死し一ヶ月後に、後を追うように母も急死したらしい事は、遠く離れた妹から電話で聞かされました。葬式には出ていませんので詳しいことはわかりません。成人した妹の顔は、写真でしか見たことがないので、やはり今の素性がわかりません。

話は前後しますが、わたしはプロテスタントのキリスト教系の高校に、強制的に進学させられました。父はクリスチャンだったわけではありません。その学校は有数の名門校であり、別名お嬢様学校と呼ばれていました。父兄のほとんどが医者、政治家、議員、会社社長、重役、会長といった人たちです。

当然寄付金も当時としては高額だったようです。見栄っ張りな父がこれを見逃すはずはありません。これを機にわたしの人生は大きく変わっていったのです。初めて手にするぶ厚い聖書の1ページを開いたとたん、思わす「プーッ!」と吹き出してしまいました。

”天使?悪魔?まるっきりおとぎばなし、こんなのを大の大人が本気で信じているなんてあほか!”これが最初の印象です。しかしその一年後、わたしはクリスチャンになっていました。これは父にしてみれば、とんでもないことだったのです。洗礼を受けた教会へ怒鳴り込んだようです。

毎朝の放送礼拝、週に一度の全校礼拝、連日聖書の授業もあり、家にいるときも時々聖書を興味本位と、期末試験のための勉強とを兼ねて読んではいました。でも本当にわたしの心にみことばがしっかり入ってきたのは、二年生になってからです。

恒例の朝の放送礼拝の時でした。後になってからこの時の放送は、ラジオ聖書放送「世の光」であった事、説教者が羽鳥明先生であることを知りました。最後の言葉、「・・・神様は命を捨てるほどに人を愛してくださいました。あなたも変わります。」だけは、しっかりと脳裏に焼き付いています。

ずっと愛されることに飢えていましたから、この言葉がまるで清水のようにするすると心の奥底に流れ落ちてきたのです。そして少しずつ硬く凍りついた心を溶かしていきました。涙が止まりませんでした。

やっとわたしの声にならないSOSを捕らえてくれた、それがキリストの神様でした。そうしてわたしはホーリネス教会のクリスマス礼拝で洗礼を受けたのです。考えてみると、わたしは神様と出会ってから好むと好まざるとに関わりなく、どっぷりと神様の愛に浸りきって生きてきたように思います。

まずキリスト教高校に入学できたことが奇跡のようでした。愛に飢え乾き、すべての心の支えを失い、絶望的な状況に追い込まれていたからこそ、神様のみことばが心に強く響いたのです。同じ敷地内に同系列のキリスト教大学があり、わたしはほぼストレートで進学しました。

他の選択肢がことごとく消滅したからです。専攻はかつての人文学部社会福祉コースです。それを指示したのはまたも父です。理由は就職率が良さそうだからという事でした。

でもこの選択は正しかったのです。ずっと念願だった”心”のケアを受けることができたからです。当時わたしの心と体はオーバーヒートをおこしていました。たえず体液が体内から流れて衣服をびしょびしょにするという症状を発症していたゆえに、ついたあだ名がしょんべんたらしです。

そうした心身の異常とさようならできたことや、ストーカー行為をやめることが出来た事は何より大きい事でした。敷地内にたまたまカウンセリング研究所が設置されていて、クリスチャンサークルの先輩がわたしを誘ってくれたのです。当初わたしの精神年齢は3歳だと言われていましたが、4年後卒業する頃には、やっと15歳まで回復していました。

当時は牧師先生や兄弟姉妹が、かけてくださる言葉がすべて、悪意でしか受け取れません。ましてや聖書に書かれている事もわかりません。感謝などとうていできません。不平不満、つぶやき、周囲への憎しみと恨み、不安と恐れに悩まされました。複数の教会から「お休みなさったらどうですか」と、きれいな言葉で追い出されてしまいました。

しかし、それでも神様は人や物事を通して「あなたを愛しているよ」と繰り返し語りかけてくださっていました。サークルのイベントで参加した、KGKキャンパスクルセードでのカウンセリングセミナーの中で、カウンセラーとして用いてくださいと、ほんの数分だけ祈りましたが、二十数年の時を経て、わたしは本当にカウンセラーになりました。

卒業後初の就職先はホーリネス系の病院でした。ですから自動的に毎週礼拝に参加できていました。これも感謝です。他の選択肢がことごとく消滅していったからです。でもあまりに精神的に幼すぎて、過酷な看護職がうまくいかず。1年で解雇です。

知人を通じて共働学舎の宮嶋真一郎さんに出会い、わたしはその後20年の歳月を過ごす事になります。共働学舎には、わたし以上に”生きられない”人たちが生活をしています。わたしは、そのなかで、もみくちゃになりながら、「人との関わり方」を学んでいきました。ずいぶんと荒治療でしたが、これくらいでないと当時のわたしでは、どうにもならないレベルだったのかもしれません。

もう1つ学んだ事は”愛”です。「生ける者すべてが、神の慈しみの中で生かされている」との発想は、当時のわたしには、とても新鮮でした。私の育った家庭は「愛」などひとかけらもなく、ペットは”不要になったら捨ててもいい動くおもちゃ”でした。

生体とぬいぐるみの区別すらまったくつかなかったのです。共働学舎では家畜も犬や猫も“家族”と呼びます。動物の一匹が病気になると自ら交代で看護をし、死ぬまでまでよりそうのです。

わたしも愛されている命の1つだと、親方は何度も語ってくれました。時にはわたしの背中をやさしくさすりながらです。初めて畑の土を両手ですくった時に、肌を通して感じたぬくもり、命の暖かさが指の先から体中にしみわったってくるようでした。そうして自分を取り戻していったのです

共働学舎は、すべての人に“お給料”と称して小遣い程度のお金が支給されます。おおよそぜいたくは無理ですが、衣食住は完全に守られています。やっと見つけた安住の地、わたしの居場所・・・その暖かい居場所をなぜに、40代半ばにして出てきたのか、それも重度の精神障害を抱える亭主を引き連れて・・・。まるで、苦労をしにいくような、愚かな行為と多くの人は思ったでしょう。

わたしは“社会でもう1度生きてみたい”という欲求を、どうしても抑える事ができなかったのです。わたしたち夫婦は共働学舎に別れを告げ、今も生活を続けています。生活のために開始した就職活動の第一声は、“あなたのように問題を起こしかねない人間は我が社では雇えません”でした。

たった一粒の不眠症治療薬が原因でした。その後も共働学舎にいたことは隠した方がいいとのアドバイスを頂いたので、履歴詐称をしながら仕事を探しました。リストラに次ぐリストラで働く気力が失せたある日、わたしはこう祈ったのです。“もう働くことに疲れ果てたので、生きるための仕事はやめて、本当にやりたいことをやります。これでもしも私や夫が死ぬことがあれば神様が全部悪いんです。最後は神様を呪って死んでやるから覚悟してください”。内職をしながら様々なセミナーに参加しやりたい事を探しました。

最後に参加したカウンセリングセミナーで、心理カウンセリングにまじめに取り組んでみようと思い立ちました。まず神様に聞いてからと考えて松本カトリック教会の礼拝堂へ入ったときに、目の前の机にたった一枚だけ置かれてあった週報に、書かれてあった御言葉は“「わたしはだれをつかわそうか。だれがわれわれのために行くだろうか」。その時わたしは言った、「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」”でした。

その時“神様がどこかへわたしをつれだそうとしている”と考えるのと同時に、“次のステップへ進む(?)”と言う言葉が、繰り返し頭の中を交差しました。“どこへ連れ出されるのでしょうか?”と祈ったのですが、いつもと違ってまったくなんの御言葉も心にひびきません。“ついてくればわかる”と言われているようでした。“どこにいくのかわかりませんがしたがいます。わたしをおつかわしください”と祈りました。

神様はちゃんと生活を支えてくださっていますし、“神様なんかくそ食らえ”と言っていた主人も救われています。ちなみに私は当初松本に住むつもりで家をさがしたのですが良い物件がみつかりません。“塩尻に住みませんか”というまったく面識のない、訪ねたこともない不動産屋さんからの、突然の電話連絡で塩尻に住み始めたのです。

実際にどのような災害の時にも塩尻はびくともせず、生活もしやすく良い場所であることがわかりました。日本キリスト教団のもよりの教会は、上村家と縁が深く共働学舎ともつながっています。

“波瀾万丈の人生”と評される事もしばしばですし、確かに自分でもよく生きて来られたなと思います。すべてが数珠つなぎにつながって、一連の出来事として起きているのです。たとえばこのようにです。

・もしも母が、父ではなく、別の男性を選んでいたら・・・

・父が究極のエゴイストでなければ・・・

・入学した学校が、キリストと全く無関係だったら・・・

・大学に、カウンセリングルームがなかったら・・・

・そして、たまたま就職した先が宗教法人の病院でなかったら・・

そう考えると実にうまい組み合わせです。わたしが生まれる以前から、わたしだけの人生プランが用意されていたのでしょう。カウンセリングセミナーの中で自分が“発達障害”である事を知ってから、仲間のために生きようと少しずつ気持を固めていきました。こうして振り返っていくと、背後に神様の大きな働きがあった事を痛切に感じずにはいられません。良い事も悪いことも神様の御計画の中で起きていて、わたしの一生は成長に合わせてステップを一段、また一段と上がっていくように進んでいきます。

”わたし”という人生プランは、あまりに壮大で、限りある知識では、端から端まで見渡す事ができません。クリスチャンになると言うことは苦しみから解放されるということでは無いのだと体験から学びました。だけど主はいつもわたしのそばにいて愛に満ちたまなざしを向けてくださっています。

時々御言葉ではなく、“自分で考えてごらん”か“ついてくればわかるよ”といったようなお答えを頂くことがあります。だから聖書を読むようになってから、とってもよく考えるようになりましたし、じっと信じて待つ練習にもなりました。そういう意味では祈りに答えられなかった事は一度もありません。

もう一つ学んだ事があります。引きこもっていた時期がかなりあるのですが、理解してくれる人が、周囲に誰もいませんから、父なる神様へ嫌でも目を向けさせ、濃厚で密接な神様との関係を築かせてくれました。

「神様、つらい」この一言が発端になって、ぼろぼろと神様に気持ちを吐き出し続けました。そうしたら今まで味わった事がないほどの平安に満たされました。初めて神様にゆだねる体験をしたのです。それからの人生は文字通り神様と二人三脚で歩む人生です。

そうして何年もかけてわたしの内側を整えながら、神様と人に仕える人生へと導いてくださったのです。神様の召命は単に何かをするという事ではなく、古い自分を捨てて新しい人生へ移り変わるという意味もあると、デボーションで学びました。

わたしの今の生きる目標は走りぬくべき行程を走り、信仰を守り通し、最後に主からの栄冠をいただく事です。主から導かれた方法で、生きづらさを抱えた人たちに、主が良しとされる日まで、主の懐で生きる幸せを伝えていきます。

発達障害特性は聖書から様々な気づきを与えられる事で、少しずつ解消されていっていますから、今は生きづらさがかなり緩和されています。おかげさまで兄弟姉妹との交わりも楽しくもたせていただいています。

自分でまいた種は自分で刈り取る事になりますから、救われたからとてやらかした事がちゃらになる事はないでしょう。後始末をしている時も神様が一緒なので、とても安心です。

わたしの人生は神様と出会い、神様の愛の懐にとどまりながら、導かれるままに生きていく人生であり、事実すばらしい恵みと溢れるほどの祝福を注いでいただいています。わたしの人生は“神様ありがとう”の人生です。

 

 

ご静聴くださる人々を置いてくださり、証の時を与えてくださった主に感謝します。

主に御栄光がありますように。

 

投稿者: nozomi016

アスペルガー症候群およびADHD(注意欠陥多動性障害」という診断名を持つ当事者です。生きづらさを持つ人の交流会・あずさの会創始者兼スタッフメンバーです。 クリスチャンです。