愛と平安


まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。 詩篇16:10-11

情報源: 愛と平安

アーメン!

わたしの今は神様が作ってくださいました。

すべての事は神様とのすばらしい出会いを体験するため、主の救いにあずかるために、主が備えてくださった恵だと思っています。

だから素直に神様ありがとう!と言えます。

・・・・亡両親への感謝はありません。

かつてのような激しい憎悪はないにしても。

今は大人になってしまったかつての虐待児で、”今は幸せ、今は両親に感謝”の心境に達した人もいるようですが、多くは後遺症に苦しんでいます。

死ぬほど苦しんだ、殺されかかった人に”律法により父母を敬わないのは罪です”だけしか言わない、マニュアル通り(授業で教わった)の答えしか言えない牧師、神父は、正直いって別世界の人間、おそらく今後も関わる事のない、赤の他人です。

 

きちんと背景にあるものを汲み取れない、教職者も多々います。

そういう方はスルーしてOKです。

ただ、神様はそれでも深く人生にかかわってくださるお方だと、これだけは忘れないでおきたい、ほんとにそう思いました。

 

 

投稿者: nozomi016

アスペルガー症候群およびADHD(注意欠陥多動性障害」という診断名を持つ当事者です。生きづらさを持つ人の交流会・あずさの会創始者兼スタッフメンバーです。 クリスチャンです。