安かれ、わが心よ


まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。乳離れした子が母親の前にいるように、私のたましいは乳離れした子のように私の前におります。 詩篇131:2

情報源: 安かれ、わが心よ

アーメン!

ダビデ王の姿勢はすばらしい!

どのような苦境にあっても、人のせいにして攻撃したりじだんだしたしせずに、詩編という形で神様にうったえかけて、神様に心を整えられている。

詩編を書くのは確かに正解ですね!

今でも引け目を引きずっているのは、自分の弱さに違いないのですが、その吐露の方法を間違えた事です。

ネットという便利なものが出きて、使い勝手はいいのですが、問題は世界中に拡散されてしまう事です。

影で悪口や不平を言われる事は、相手を傷つけ神様を呪わせます。

自分が一番やって欲しくない事を、実は自分が一番やっていたかもしれないという事。

それで人にえらそうな説教ができるはずないですもん!

それでもそばを離れないでいてくださる神様は、ほんとに感謝でうれしい存在ですよね・・・。

投稿者: nozomi016

アスペルガー症候群およびADHD(注意欠陥多動性障害」という診断名を持つ当事者です。生きづらさを持つ人の交流会・あずさの会創始者兼スタッフメンバーです。 クリスチャンです。